ホーム > スポンサー広告 > 【デート術その7】付き合うどころか逆にドン引きされる告白とは?ホーム > デート術 > 【デート術その7】付き合うどころか逆にドン引きされる告白とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【デート術その7】付き合うどころか逆にドン引きされる告白とは?

gf1420116526_700x465.jpg




 付き合うどころか逆にドン引きされる告白とは?



キチンと告白をしたつもりだったけど、「一言」間違いえて逆方向になってしまうこともありますので、日本語って難しいですよね。

一度気持ちの離れてしまった彼女の心は簡単は戻りません。

失敗しないように以下、女性は告白されたときに「イラっと」した言葉を紹介していますから、要チェックです!



■ 語尻が「かも」「みる」「どう思う」などはっきりしない言葉

具体的には、「○○ちゃんのことが好きかも」「俺と付き合ってみる?」「俺には、○○ちゃんが必要だと思う」

など、お試し?気のせい?と誤解されるような告白をすると、女性は期待はずれな言葉に残念どころか、ドン引きするようです。



■ 自分の大好きな趣味に例え、「○○より、好き」との発言

例えば、大好きなアイドルやアニメキャラの名前を出して、彼女がそれ以上に好きと告白するケースです。

あなたからしたら、「世界一」と表現したいのでしょうが、これでは彼女にはあなたの愛は伝わりません。



■ 彼女の気持ちを確かめて「確実性」を求めてからの告白

「俺のこと好きでしょ?じゃあ付き合おうっか?」など、告白の事前にOKされることを
確かめてから告白する男性は「男らしくない」ドン引きされてしまいます。



■ 飛び越えて「結婚」

突然両親と会って欲しいなどと迫るケースです。

結婚は付き合ってから期間をおいて、次回のステップにしてください。




■ いきなり抱きついてきての告白

先走った行動すぎますと、逆に犯罪になることがあります。





 付き合ってからだったら何気ない会話になるのですが「確実に彼女」という存在になる前は、くれぐれも注意してくださいね。

関連記事

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。